歯列矯正とは

歯列矯正には、矯正装置を使い時間をかけて歯列矯正をするほか、歯並びをよくするために削った歯のうえにセラミックを使用する方法やラミネートベニアを貼り付ける方法など、歯列矯正法はいろいろあります。
一般的な装置を使った歯列矯正は、力を加えるとその方向に移動する歯の性質を利用して、口のなかに矯正装置を入れることによって、歯に一定の力をしかも、持続的に加えることで歯を人工的に動かしますと、歯並びが正しくなって、かみ合わせも正しくなります。
歯列矯正は、単に見た目が美しくなるだけではなく、虫歯や歯周病を防ぎ、いびきや歯軋り、舌足らずな話し方も治療できるのです。

マウスピース矯正

新しい歯列矯正方法に「マウスピース矯正」があります。
マウスピースを使用するだけで歯列矯正が可能です。金具やワイヤーがないので口の中に傷がつかず痛みもなくお勧めです。透明なマウスピースを使用しますので目立ちません。30センチも離れていれば誰にも気づかれません。
マウスピース矯正は審美性に優れたです。しかし、マウスピース矯正では、治せる症例が限定されています。小さな空隙、程度の小さい叢生・乱杭歯、曲がった歯などに限定されます。基本的に1日18〜20時間装着する必要があり、患者さん自身が、努力をしないと良い結果が期待できません。

舌側矯正(ぜっそく矯正)

歯の裏側に矯正装置を装着しますので外からは完全に見えません。治療期間も通常の矯正と変わりはありません。いま一番流行っている歯列矯正の方法です。
舌側矯正のいちばんのメリットは、審美性にすぐれているということです。マウスピース矯正のように症例を選びません。 矯正治療では装置を長期間装着するのはしかたないことですが、少なくとも舌側矯正なら、矯正していることが外から見えません。それが患者さんの心理的なストレスを軽減し、矯正治療を前向きに捉えられるようになってきたのです。
また、フルートやオーボエ、トランペットなどの演奏楽器を演奏する場合も舌側矯正なら邪魔になりません。

スポンサードリンク

歯列矯正の期間と費用

歯列矯正の期間は、およそ1年から3年程度ですが、個人差があります。一般的には、月に1度の通院で1〜2年で完治します。
費用も症状に応じて分かれ、簡単なもので20万円程度からと言われています。しかし、舌側矯正などは装置だけで40万円程度はしますので、全体では100万円以上はかかります。